一人暮らしの家賃を希望より下げた

「一人暮らしの家賃は、給料の3分の1まで」と、よく言われます。私が新卒で働き始める前に、初めて部屋探しをした時も、この言葉を意識してました。

といっても、貯金もあまり持っていなかった為、少し頑張って4分の1を目標に、不動産屋さんを回った。

マンションを6つか7つ内覧、その結果は近い金額に落ち着く。

一人暮らしの家賃が4分の1に収まる物件では、築年数や立地等、妥協が多すぎる為、中で過ごす事が好きな私は、覚悟を決めらずにいた。

そこに5年住みましたが、快適そのもので、とても気に入ってた。引っ越した理由は結婚だけど、本当はもっと住んでいたかったくらい。

もし私がインドア派でなくアウトドア派で、「寝に帰るだけ」という性格だったら、多少の事は気にせず、一人暮らしの家賃が安い所を選んでいたはず。

逆に「見合う人物になる」と向上心の強い性格だったら、モチベーションの為、もっと一人暮らしの家賃が高い物件を選んでいたでしょう。

無意識にあるべきところに落ち着いた様子。

泣ける場所が無い

恋人との別れが一番辛い。10代の頃から、失恋した時のダメージたるや酷かった。とにかく未練がましいのだ。

大食いの私がまったく何も口に出来なくなり、日々泣いて過ごす。こんな日々が数ヶ月続くタイプなのだ。

結婚して、そんな想いは二度とすることは無いはずだった。落ち着いて安定した毎日が送れるはずだった。

しかし、それをブチ壊したのは自分自身。不倫ならぬ恋は辛い。なぜなら泣ける場所が無いからだ。

家では何も無かったように、振舞わなければならない。幸い私には悪い友人が沢山いる。そんな友人たちに話を聞いてもらい、慰めてもらい、励ましてもらい、なんとか自分を律する。

しばらくは、こんな日々が続くのであろうと覚悟していた。しかし号泣したのは最初だけ。その日の夜には、カップ焼きそばの大盛りを食べながら、コーラを飲んでいた。

翌日、私のメンタルは平常運転だった。そんな自分に、私が一番驚いた。強くなったらしい。

マカオカジノに少ない軍資金じゃ場違い

友人と旅行へ行った際、最も楽しみにしていたマカオカジノを堪能。

ここが良いところは、ゲームが出来るホテルが沢山あり、バカラやポーカー、スロット等、自分がしたい遊びにより、マカオカジノホテルを移動しながら勝負出来る。

バカラならここが良い、ポーカーならここがベストと、オススメが沢山あります。

夜は街全体がギャンブル一色になるので、警備人も多くて女性二人で移動しても、怖さを感じる事はありません。

しかしバカラやポーカー等は、高額な軍資金を片手に行っている中華系の人が多い為、あくまで遊び感覚の、数万円から10万円程度の軍資金じゃ、マカオカジノにいる事が恐れ多いような雰囲気もある。

皆さん真剣に勝負を行い、熱気も半端なかったです。「本格的にマカオカジノを楽しみたい」は、めっちゃオススメ。

食堂やレストランも夜遅くまで営業しているので、お腹がすこうが対応可能。ゲームををやりながら、香港ならではのグルメも楽しめました。

あくまでも持論だけどね

北海道七飯町で起きている、小学二年生男児置き去り事件。父親の「しつけの一環」というコメントだったが、行方不明になって今日で6日目。

急に、ふと思ってしまったことがある。口に出してはいけないことだが、あくまでも私の持論なので。元々、置き去りになんてしていないのではないか?ということ。

7歳の男の子が道路ではなく、わざわざ険しい山林の中に入っていくものだろうか?親に置いて行かれて、一人ぼっちで心細いのだから、そんな行動は考えられない。

普通にとぼとぼと道路に沿って歩くぐらいが、関の山ではないだろうか。となると、そもそもこんな事件自体が、架空だと思わざるおえない。

では、男の子はどこに?もう、捜索が始まった時点で、この世には存在していなかったのではないかと推察。犯人は・・・。

面倒で中断が最悪の結果を招く

歯医者、通ってますー。ちゃんと通うのいつ振り?八年位振り?ちょうど四年前、詰め物取れ、手っ取り早く事務所近くにある病院へ。

虫歯あったら、ついでに治してもらおう!等と、軽い気持ちで。そん時、「歯肉炎っぽいですねー」って言われ、詰め物以外、治療一切ナシ。

どうやら歯茎弱ってると、治療出来ないらしい。マジー?シセキ取り、超痛くて大変!健康な人は居眠りしちゃう程、無痛らしい。信じられません・・・。

「フロスでお手入れする事」、「無意識に食いしばってる事」指摘受ける。何回か行ったけど、全然治療スタートせず、面倒臭くなり中断。

思えば当時、もっと先生の言いつけ聞いておけば良かった・・・。今、思い知らされてる真っ最中。いつ終わるかなー。先長、年またぐなコリャ。甘く見てたわ。

雑誌かドラマで影響受けた

突然、旦那に言われた。えっと…この歳で?結婚してもう5年、30代後半を迎えた私に、なに寝言を。褒め言葉か?

洒落で返すも、夫の態度は至って真面目。そりゃね、若いイケメン男は好きだけど、毎日専業主婦やってて、出会いや不倫可能性すらねーわよ。

夫は笑う、どうしたもんかと。何故そんな考えに?ま、大方雑誌かドラマで影響受けたんだろうな。良い迷惑さ。しかし、数日後。

再度言う始末。何を根拠に?勘だとさ。はぁ頭壊れた?私はもしやと思い、ネットで検索。痴呆症が過った為。

あいや馬鹿な、そりゃ10個上で40代後半は若い部類。繰り返し戯言っても聞き流せば済む。

ところが日に日に彼は、私をなじるように悪化。どこが気に入らん?理解出来ません。友人へ相談メール送信。

うん?今思えばこのメール、パソコンを二人で共有してるから、夫も見れる。ひょっとしてこの男友達を、不倫相手と?そのまさかっつー結末。